SUPERFEET

前回の投稿でBiNI COMPLEX JAPAN主催のセミナー(統合的運動生成概念と生体力学・固有結合組織)に参加して来たことを書きました。

 

今回は、そのBiNI に関連した内容になります。BiNIアプローチでは足部に対する評価・治療を非常に重要視しているようです。(もちろん、それだけではないと思います。)

 

その治療方法の中にはインソールの使用が含まれている様で、SUPERFEETというインソールが推奨されています。

 

このインソールには既製品があり、購入後に自分の靴に合わせてカットし、使用する様になっています。

 

知人の話やSNSでの投稿などの中で、非常に評判が良いものですから、その効果を実感してみたいという強烈な衝動にかられて、

 

購入してしまいました。

f:id:hahasyou:20170630205313j:image

  

もちろん、オーダーメイドのインソールの方がその効果は高いと思いますが、それは今手に入れることはできないので、既製品で体感してみようと思います。

 

実はまだ未使用。仕事中に履いている靴で使用してみようと考えているところです。使用後の感想は、また機会があれば投稿しようと思います。

 

そして、ついでにもうひとつ購入してしまったものがあります。これです。

f:id:hahasyou:20170630205921j:image

SUPERFEETのサンダルです。

スーパーフィートのテクノロジーを結集したサンダルが新登場! だそうです。医学的矯正機能により歩行をサポートします。だそうです。

 

これは無視できません。

というのも僕はほぼオールシーズンビーチサンダルを愛用する、ビーサンのヘビーユーザーだからです!

 

ということで、少し割高感はありますが購入しました。

そしてこれは使用済み。

感想は「歩きやすい。」

 

もっと、良い感想はないのか?と言われそうですが、「前進しやすい」といった方がいいでしょうか。

 

あと、ビーサン特有の踵がパカパカした感じ(わかるかな?)が少ないので、サンダルが足にしっかりフィットしている様に感じます。(まだ少し硬い様な感じもしますが、すぐに慣れるでしょう。)

 

総じていえば、「心地よく、歩きやすい」のです。

 

また、よく観察してみると、初期接地の瞬間に踵骨の回外が誘導されている様に見えます。これは、過剰回内をさせない様にするための戦略なんでしょうか?

 

【参考文献】

★足について

要は「足首から下」~足についての本当の知識~ (じっぴコンパクト新書) https://www.amazon.co.jp/dp/4408026174/ref=cm_sw_r_cp_api_X.JvzbXMW5KQ3

★BiNIアプローチについて

身体が求める運動とは何か 法則性を活かした運動誘導 https://www.amazon.co.jp/dp/4830645539/ref=cm_sw_r_cp_api_sfKvzbHHGVA18

運動の成り立ちとは何か―理学療法作業療法のためのBiNI Approach https://www.amazon.co.jp/dp/4830645091/ref=cm_sw_r_cp_api_cgKvzbMFY3KWC

 

BiNI アプローチ

5月6日〜7日の2日間、東京でBiNI  COMPLEX JAPANのセミナーに参加してきました。

 

今回で2回目になりますが、理論を中心としたセミナーで、

 

主にバイオメカニクスと固有結合組織についての内容でした。

 

以前(もう1年以上前になりますが)に参加したセミナーは神経科学を中心とした内容で、

 

個人的には非常に衝撃的な内容で、

 

セミナー終了後は興奮冷めやらず、帰りの車内で、後輩とセミナーの内容についてずっと話していました。

 

それゆえに、次のstepのセミナーも非常に楽しみにしていたのです。

 

そして、今回も期待を裏切らず、とても面白い内容でした。

 

今後の臨床に大きな影響を与えることは間違いありません。

 

また、次のstepのセミナーにも参加させていただこうと思っています。

 

 

今後、ブログの中で知識の整理ができたらと思っています。もし、このブログを見ている方がいれば、暇つぶし程度になればなと思います^_^

 

 

 

ブログというもの

こんにちは。

hahasyouです。

 

理学療法士をしています。

特に脳卒中理学療法と介護予防に関して力を入れて勉強しています。

 

 

主に日々の仕事に関連した事柄について、

時には趣味や生活について書かせてもらおうと思っています。

 

また、自分の知識を整理するためにも使ってみようと思います。

 

今更ながらこのブログというものを始めようと思います。

 

よろしくお願いしますm(_ _)m